アラフィフ

2/5ページ

2018年夏休みの映画はこれ

そろそろ、夏のロードショーが始まります。 夏休みのロードショーを必ず見るというわけではないのですが、 今年はこれがあるから、きっと映画館に行くと思います。 これまでもシリーズを全作、劇場で見てきているので。 ただし、今年の夏は他にも有名どころがラインアップされています。 まずは『ジュラシックワールド 炎の王国』。 うちの子は、こちらの『未来のミライ』を見に行くのか、あるいはジュラシックワールドかで […]

使い捨てコンタクトレンズを比較してみる

自分自身が、どの使い捨てコンタクトレンズを選ぶべきかを考えるために、比較表を作ってみました。 期間や、シリコンか非シリコンか、酸素透過率と含水率といったところは前回触れたので、今回はメーカーについて触れてみようと思います。 ジョンソン・エンド・ジョンソン 世界に名だたる米国のヘルスケアメーカーです。 使い捨てコンタクトレンズとして、世界で初めて販売された『ACUVUE(アキュビュー)』は、トップブ […]

コンタクトレンズについて、知っておくべき5つのこと

ハードレンズの衰退 日本でのある調査によると、生産年齢人口の3割が裸眼、4割強がメガネ、3割弱がコンタクト(メガネ併用を含む)という状況だそうです。 しかしその3割のコンタクトレンズ装着人口の内訳は、大きく変化してきています。 1980年代に酸素透過性のハードが市場に出てきて、半数以上はハードの利用者になっていました。たしかに、当時の若者のソフト利用者は、レンズの手入れに暇がかかるのは嫌だが、激し […]

野球の映画を見るなら、この10作品

野球をテーマにした映画って、意外と少ないんですよね。 ですから、野球好きのアフィフにとっては、行きつく映画はほぼ同じかも。 ですから、野球の映画をこれまであまり見てこなかった人向けと思ってください。 フィールド・オブ・ドリームス フィールド・オブ・ドリームス[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] posted with ヨメレバ NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 20 […]

Take Me Out to the Ball Game

巨人対ヤクルト戦 久しぶりに、球場へと出かけました。 最近はドーム球場が増えたので、天気を気にすることはなくなったのですが・・・ 日中の暑気から逃れ、夕涼みがてらビールを飲んで観戦とはいかなくなってしまいました。 台風でも来ない限りは中止にならないので、予定を組みやすいのは何よりです。 150㎞/hのオンパレード 最近の速球派ピッチャーは、150㎞/h超があたりまえですね。 当日は、 菅野  :1 […]

『半分、青い。』の裏を勝手に読む

西北大学 『半分、青い。』の準主役である律(佐藤健)が入学したのは、西北大学。 縁もゆかりもある人なら、早稲田大学だとすぐわかりますよね。 「都の西北 早稲田の森に~~♪♪」 律が入学したのは理工学部。 そして律が大学で再会した清が入学したのは「一文」。 いまどきの若者は、「一文って何?」という感覚でしょうが、バブル期に学生時代を過ごしていた身からすれば、早稲田大学だと明言しているようなものです。 […]

山Pも英語を頑張る

山Pの英語 ジャニーズの山下智久さん、「山P」の英語が、とても上達していると記事にありました。 https://dot.asahi.com/dot/2018052300090.html?page=1 5~6年前、ルート66を旅するドキュメンタリーに出演していたので、そのころから英語でコミュニケーションを取りたいと思うようになったのでしょうか。 たしかに英語が話せれば、渡辺謙のようにハリウッドに進出 […]

角川つながり? 朝ドラつながり?

半分、青い。 この4月~9月の朝ドラは「半分、青い。」 正直、はまってます。 主人公の女優よりも、トヨエツの存在感に。 そして、井川遥のお嬢系の演技にも。 さらには、北川悦吏子の脚本にも。なんせ、ロンバケどはまり世代なので。 ここで原田知世 佐藤健の母親役で原田知世が出演していますが、とうとう大学生の母親役を演じる年齢になってしまったんだなと、アラフィフとしては思ってしまいます。 自分たちと同じよ […]

大規模集中型から小規模分散型へ

学び直し アラフィフになって、勉強したいことは何かを考えました。 ひとつは英語で、まずは数十年ぶりのTOEICに挑戦しました。 さらに、高校の教科書を購入して世界史を学び直しています。 他には何をしようかと考えていましたが、ふと思いついたのは「エネルギー」です。 大学時代は、理系かつそちら方面の専門だったもので、数式や科学的な解釈はそこそこ覚えていると思います。 ですが、今、学び直したいと思うのは […]

アラフィフのダイエット

体重1kgを落とすために 体重を1kg落とすためには、7,000kcalのカロリー削減が必要です。 つまり体重を5kg落としたいのであれば、35,000kcalのカロリー削減を必要とします。 もし、このダイエットを6ヶ月で成功させるのであれば 7,000kcal(体重1kgを落とすのに必要なエネルギー)× 落としたい体重(kg)÷減量日数(日)=1日の削減目標カロリー という式にあてはめて、1日あ […]

1 2 5