2018年8月

そうだ、台北に行こう! ~②明月湯包

注)2018年夏の情報です。必ず最新の情報を確認してください。 せっかくなので街に出よう シャングリラホテルに到着したのが、ちょうど昼時。 チェックイン時刻までは、まだ時間があったので、どこかで昼食をということになりました。 ホテルで聞いてみると、隣のショッピングモールにも簡単な食事をとれるところがあるよ、という話だったのですが、行ってみたところ、あまり「台湾っぽくない」店ばかりだったので、外に出 […]

そうだ、台北に行こう! ~①出発&入国

注)2018年夏の情報です。必ず最新の情報を確認してください。 さあ、台湾へ 学生時代も、社会人になってからも、海外へ行く機会はたくさんあったにもかかわらず、アラフィフになるまで台湾の地を踏んだことはありませんでした。 正確に言うと、香港ー成田便が台北経由だったことが一度だけあり、台北に着陸した経験はありますが、空港から外にでたことはありません。 中国本土も、香港も、日本の中でも石垣島まで行ってい […]

入試改革が見えてきた ~東京工業大学編

基本方針を発表 東京工業大学が、2021年度入試における基本方針を発表しました。 https://admissions.titech.ac.jp/examination/pdf/h33kihonhoshin_951963.pdf 共通テストの枠組み 現在のセンター試験では、国語1科目、地歴公民1科目、数学2科目、理科2科目、英語1科目の5教科7科目を受験することが求められます。その際に、合計点が基 […]

戦争についてカンガエルために

この記事にたどり着いてくれたキミへ 「戦争」に関する映画を鑑賞することを、夏休みの宿題として与えられた高校生のキミでしょうか。 ヨノナカには戦争映画なるものがたくさんありますが、いくつかの視点で戦争をカンガエル上で、この記事が少しでも役に立てばと思います。 『プライベートライアン』 プライベート・ライアン (1枚組)[AmazonDVDコレクション] posted with ヨメレバ パラマウント […]

人生100年の時代に

50歳という年齢の位置付け 以前は「人生80年」というのが共通認識で、60歳あるいは65歳で会社人生を終えてから、残り20年ぐらいをどう生きるか、まさに余生についてカンガエルというのが普通でした。 しかし『LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の人生戦略』が出版されてからは、人生100年という認識が広がり、60歳あるいは65歳で会社人生を終えてから、それまでの会社人生の長さと同じくら […]

入試改革が見えてきた ~早稲田大学政経編

サンプル問題 8月3日、早稲田大学政経学部の2021年度独自試験のサンプル問題が発表されました。 https://www.waseda.jp/fpse/pse/news/2018/08/03/9136/ 日本語の長文と英語の長文の大問2題の形式となっています。 マーク式の小問が8問(1問はマークと記述の両方を含む)と、記述式4問です。 記述式は ・30字以内の記述式解答が1問 ・50字以内の記述式 […]