大学入試

1/2ページ

物理基礎の有無で、出版業界の苦境を知る

センター試験の受験者数 センター試験には、国公立大学だけでなく、私立大学志望も含めて、大学入試に挑む多くの高校生や高卒生が受験し、その数は毎年50万人になります。 センター試験の参考書や問題集は、ひとたび受験生の間で評判になれば、毎年数万部を売り上げることができる、ベストセラーとなりえます。 英語や国語では50万人、数学1Aで40万人、数学2Bで35万人といったように、英数国では一つの科目で多数の […]

共通テストの過去問は?

共通テストの対策 2021年1月からは、センター試験に代わって、新たに共通テストとして実施されることとなります。 その共通テストまで、あと4ヶ月となりました。 実施に先立ち試行調査として共通テストとしての新たな問題形式が、大学入試センターから発表されています。 高校によっては、実際に試行調査の問題を分析して、新たな共通テストに向けた対策を生徒に教えていることでしょう。 高校3年生は、夏ごろまではベ […]

最後のセンター試験

まさに今、最後のセンター試験が行われています。 昨日、1月18日(土)は、社会、国語、外国語。 本日、1月19日(日)は、理科、数学。 受験生の皆さんは、長丁場の試験でも、集中力を切らさずに臨んでいることかと思います。 すでに昨日の分は、問題や解答も公開されています。 ご存知の方も多いと思いますが、予備校は解答や分析を公開できても、問題そのものを公開することは著作権に抵触します。 いっぽうで新聞社 […]

【親から子へ】国語の勉強法とおすすめの参考書・問題集

中学受験のように二人三脚というわけにはいきませんが、高校生になっても親のアドバイスを「少しは」参考にしてくれます。 たしかに何十年も前の経験ではありますが、勉強方法の本質は変わっていないように感じています。 そんな背景で、親から子へアドバイスしたことをログとして残しておきます。 なお中高一貫校に通う場合のスケジュール感ですので、もし高校受験をされている場合は、別途考慮が必要です。 今回は国語です。 […]

【親から子へ】英語の勉強法とおすすめの参考書・問題集

中学受験のように二人三脚というわけにはいきませんが、高校生になっても親のアドバイスを「少しは」参考にしてくれます。 たしかに何十年も前の経験ではありますが、勉強方法の本質は変わっていないように感じています。 そんな背景で、親から子へアドバイスしたことをログとして残しておきます。 なお中高一貫校に通う場合のスケジュール感ですので、もし高校受験をされている場合は、別途考慮が必要です。 今回は英語です。 […]

【親から子へ】数学の勉強法とおすすめの参考書・問題集

中学受験のように二人三脚というわけにはいきませんが、高校生になっても親のアドバイスを「少しは」参考にしてくれます。 たしかに何十年も前の経験ではありますが、勉強方法の本質は変わっていないように感じています。 そんな背景で、親から子へアドバイスしたことをログとして残しておきます。 なお中高一貫校に通う場合のスケジュール感ですので、もし高校受験をされている場合は、別途考慮が必要です。 まずは数学からで […]

東大国語の出典はPR誌

科学と非科学のはざまで 2019年の国語第一問の出典は、中屋敷均氏の『科学と非科学のはざまで』でした。 東大国語の入試問題を解いてみた この文章、もともとは講談社のPR誌である『本』の連載からの出典です。 書店に行った際に、レジ脇にまだ残っている時は、この『本』を頂いてきていました。 ですので、毎月ではないのですが、中屋敷氏の連載も読んでいました。 たしかに、含蓄ある文章だなと思っていましたが、ま […]

30年前のライバルが業務提携とは!

駿台とZ会の業務提携 駿台とZ会の業務提携が発表になりました。 http://www.sundai.ac.jp/press/2018/2018-0718-01.pdf 私たちの世代からすれば、東大を目指す高校生や浪人生の予備校は駿台、通信添削はZ会というのが、王道だったと思います。 予備校と通信添削なので、直接的に競合するわけではなく、併存可能な存在であったわけですが、東大を目指すハイレベル層の確 […]

AIは仕事を奪う?

この記事にたどり着いてくれたキミへ 『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』の書名検索で、この記事にたどり着いてくれた高校生でしょうか。 AIと自分の将来の仕事について関心のあるキミに、この記事が少しでも役に立てばと思います。 東ロボくん、頑張る 国立情報学研究所という研究機関で、AI(人工知能)が東大に合格できるかという研究を進めていました。 2011年に始まった研究は、幾多の課題を乗り越え […]

東大英語の入試問題を解いてみた

この記事にたどり着いてくれたキミへ キミは、今年の東大入試英語について調べている高校3年生でしょうか。 予備校や塾が分析するのとは違い、TOEICを受けているアラフィフのおっさんの感想文にしかすぎませんが、お付き合いいただければと思います。 せっかくなので 以前、東大が英語の民間試験を採点に使わないことについての記事を書きました。 私自身は、スピーキングの試験さえ確立できれば、民間試験を使う必然性 […]