カンガエル科

事実の見つけ方

この記事にたどり着いてくれたキミへ 『その情報、本当ですか?』の書名検索で、この記事にたどり着いてくれた中学生や高校生でしょうか。 『フェイクニュース』って、いったい何? そんなことに関心のあるキミは、この記事に少しだけ立ち寄ってください。 東大入試問題に出たサンスティーンの文章について、以前のブログで書きました。 インターネットが普及した現代は、噂という形で誤った情報や偏向した情報が拡散してしま […]

東大の一強が意味するところ

この記事にたどり着いてくれたキミへ どんな検索ワードで、この記事にたどり着いてくれたのでしょうか。 高校生のキミであれば、多様性ということを考えるためにも、ちょっとだけ目を通してくれればと思います。 日本の科学研究費 まずはインパクトのあるデータから。 出典:『我が国の研究費制度に関する基礎的・俯瞰的検討に向けて 論点整理と中間報告』 (独立行政法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター) これは […]

東大英語の入試問題を解いてみた

この記事にたどり着いてくれたキミへ キミは、今年の東大入試英語について調べている高校3年生でしょうか。 予備校や塾が分析するのとは違い、TOEICを受けているアラフィフのおっさんの感想文にしかすぎませんが、お付き合いいただければと思います。 せっかくなので 以前、東大が英語の民間試験を採点に使わないことについての記事を書きました。 私自身は、スピーキングの試験さえ確立できれば、民間試験を使う必然性 […]

文系と理系の選択

この記事にたどり着いてくれたキミへ キミは、高校の選択コースで、文系とするか理系とするかを悩んでいる高校1年生か2年生でしょうか。 おそらく秋か年末までに選択コースを決めなければならないのでしょう。 でも心配することはありません。 医師になるために医学部と決めている、弁護士になるために法学部と決めている、などといった確固たる考えを持つ人でなければ、はたして自分は文系に行くべきか、理系に行くべきか、 […]

東大合格発表のいっぽうで

2020年度では民間試験を合否に使わない 3月10日は、東大の合格発表が行われていました。 そのいっぽうで、2020年度に始まる大学入試改革に関して、東大が民間試験の結果を合否判定に使わないという発表をしました。 東大 合否判定に使わず 新テストの英語民間試験 東京大学は10日、2020年度に始まる大学入学共通テストで導入される英語の民間資格・検定試験について、合否判定に使わない方針を決めた。制度 […]